プロに依頼すればテレビアンテナ工事を簡単に行える

  1. ホーム
  2. 受信感度も良好です

受信感度も良好です

ヘルメットを持つ人

様々なタイプがあります

アンテナは長らく屋根の上に設置するのがスタンダードとなっていました。従来までのアンテナが屋根に設置されていた理由は、デジタル放送が開始される以前に利用されていた電波は障害物の影響を受けやすかったからです。また、できるだけ受信感度を高めるために障害物の影響を受けにくい場所に設置する必要があったのです。しかしデジタル放送へと変更された現在ではそれほど強力な電界強度を必要としなくなったので、必ずしも屋根の上に設置する必要もなくなっています。そのため最近では意匠をこらした様々なタイプのアンテナが販売されています。これから住宅を購入する方でスタンダードなアンテナ以外の製品に興味のある場合は専門店に相談して最新の製品を紹介してもらいましょう。

屋内型も可能です

最新式のアンテナでは壁に設置できるボックスタイプが人気です。このボックスタイプのアンテナは従来の製品に比べて小型化されているほか、見た目も非常にスマートとなっているので家の美観を損なわずに設置できます。一見するとアンテナとはわからないほどスマートなスタイリングとなっているので、外観も重要な要素となる注文住宅にはうってつけの製品となっています。また完全にアンテナを見えなくすることを希望するのであれば、屋内設置型や屋根裏設置型のアンテナ工事を行うことも可能です。屋内設置型や屋根裏設置型の製品であれば、風や地震などの影響も受けにくいので屋根に設置工事をするよりも経年劣化による影響を大幅に軽減することができます。最新式のアンテナを設置する工事は専門店に依頼すればすぐに行ってくれます。屋内設置型や屋根裏設置型の場合は電界強度に不安を感じる方もいますが、専門店に依頼すれば方角や電界強度などもしっかりと考慮した工事を行ってくれるので、一般的なテレビ放送の受信であればまったく心配する必要はありません。